• コアコーディネーションセミナー

    無意識の動きが変わる!

    〜「動的安定」獲得アプローチを学ぶ〜

     

    ※2018年度より会員外の方も受講できるようになりました!

  • 安定させたコアを動きに繋げる

    日常生活やスポーツパフォーマンスの動きの質を高めるには、アライメントを整え安定させたコアを動きに繋げる必要があります。

    つまり、動きの中でもカラダが安定する「動的安定」が必要なのです。

    もしクライアントが

    • 筋力はあるのに動きがどこかぎこちない
    • 練習がパフォーマンスに繋がらない

    というような問題を抱えていたら、動的安定性を獲得できていない可能性があります。

  • すべての動作のベースとなるコア機能にアプローチする​

    このセミナーでは、クライアントの状態に合わせて安全かつ効果的にボディコントロールを獲得させる「コーディエイト」の指導スキルを身に付けていきます。

     

    コーディエイトはすべての動作のベースとなるコア機能にアプローチするため、スポーツ種目や老若男女関係なく最も効率の良い動きを引き出すことが可能になります。

     

    エクササイズは8つ、バリエーションを含めると20種目以上の引き出しを増やすことができます。

    動作やパフォーマンスを最大限発揮するための、コアと四肢を連動させるアプローチを学びましょう。

  • コアコーディネーションセミナー紹介

    マスターシリーズセミナー③「コアコーディネーション」【JCCA】

  • コアコーディネーションを学ぶと

    現場でどんな変化が起こるか

    「体幹と四肢の協調した動きを引き出し

    無意識の動きを変化させられるようになります!」

    以下の項目を習得し、身体の変化を引き出せる指導力とそれを裏付ける知識と理論が身に付きます。

    運動学習・運動発達に関する基礎知識

    コーディエイトパッケージの安全かつ効果的な指導法

    身体の状態やニーズに合わせたエクササイズの選択法

    負荷・スピード・バランスコントロールによるバリエーション指導法

  • セミナー詳細

    【時間】

    6時間

    【価格】

    JCCA会員:18,000円(税別)

    会員外:21,000円(税別)

    コンビニ払込票もしくはクレジットカードでお支払いください

    【受講条件】

    現在妊娠をされていない方

    ※実技を一切できないため

    【セミナー内容】​

    1.コアコーディネーションセミナーの目的
     (1)コアコーディネーションセミナーの目標
     (2)コアコンディショニングピラミッド

    2.コアコーディネーションの定義
     (1)コアコーディネーション能力とは
     (2)コアスタビライゼーションとコアコーディネーションの違い
     (3)筋力トレーニングとコーディネーショントレーニングの関係

    3.コアコーディネーションの基礎知識
     (1)運動学習
     (2)運動発達

    4.コアコーディネーションの実際
     (1)コアコーディネーションのゴール
     (2)コアコーディネーションエクササイズの注意点
     (3)コアコーディネーションエクササイズの着眼点
     (4)コアコーディネーションエクササイズの構成
     (5)コアコーディネーションエクササイズの進め方
     (6)発育発達過程における獲得機能

    5.コアコーディネーションの実践
     (1)コーディエイト① 寝返りエクササイズ
     (2)コーディエイト② パピーポジションエクササイズ
     (3)コーディエイト③ ピボットプローンエクササイズ
     (4)コーディエイト④ 腹這いエクササイズ
     (5)コーディエイト⑤ 四つ這いエクササイズ
     (6)コーディエイト⑥ 高這いエクササイズ
     (7)コーディエイト⑦ 膝立ち&片膝立ちエクササイズ
     (8)コーディエイト⑧ 立位エクササイズ

     

    ※テキストより抜粋

  • お申込みはこちら

    下記日程で開催が予定されています。
    ご参加お待ちしています!